キャンドルのリラックス効果について

キャンドルのリラックス効果について

1/fゆらぎ効果とマイナスイオン

キャンドルの炎はただ見つめるだけで、ストレス解消になったり精神のバランスを取り戻したりすることができます。

キャンドルにはリラックス作用がありますが、主に1/fゆらぎ効果マイナスイオンによるものです。なんだそれは?という方も多いと思うのでちょっと解説。

 

スポンサーリンク

 

1/fゆらぎ効果

キャンドルの炎は不規則なゆらぎを刻んでいるものです。これは自然界に見られる”1/fゆらぎ”のリズムで川のせせらぎ、そよ風や木漏れ日やなどで感じる心地良さと同じリズムです。

人間の鼓動もキャンドルの炎と同じ1/fゆらぎのリズムを刻んでいるので、ただ炎を眺めるだけで緊張がほぐれてリラックスしやすくなります。科学的に脳波を診断すると”1/fゆらぎ”の環境下ではα波が大量に出ていて、リラックスしていることが証明されています。

その反対に心配事などがあり、精神が落ち着かない時にはβ派が優位になります。身体が緊張し肩や首がこっている方も同様にβ派が優位になっているそうです。

ストレスが多い時はキャンドルの炎を眺めるだけでも気持ちが和らぐはずです。

 

マイナスイオン効果

キャンドルが燃焼すると二酸化炭素と水が発生します。キャンドルが気化する水蒸気には立方/cmあたり約2万個のマイナスイオンが発生しています。これは滝の放出するマイナスイオン(立方/cmあたり約1万~1万5千個)を上回ります。

キャンドルが燃焼して発生するマイナスイオンは空気の対流によって部屋中へと満ちていきます。

一方、大気による汚染や電磁波からはプラスイオンが発生しています。プラスイオンに囲まれた環境は疲労感や不眠・ストレスを誘発するとされており、マイナスイオンにはこれらの状態を中和させてくれる力があります。

キャンドルを灯すことは部屋にいながら森林浴をしているのと同様だとまで言われるほどなのです。

 

 

どうですか?キャンドルにここまでの効果があるのは意外ですよね?インテリアとしてだけでなく、疲れているときやストレスを感じた時などは、部屋を暗くしてキャンドルを灯し、炎を見ながら暖かい飲み物をゆっくり飲んでみてください☆きっと、ふ~っと力が抜けてストレス解消にも役立つと思います。

 

スポンサーリンク

キャンドルについてカテゴリの最新記事